格安SIM一覧

Galaxy Note9をAndroid10にアップデートしたらテザリングでトラブル発生

うちのメインスマホGalaxy Note9(au版のSCV40)に、今頃になってAndroid10へのアップデート通知が来ました。 早速適用してみたところ特に問題なく起動し、見た目もほとんど変わりません。モバイル通信も問題なくできています。 と安心していたら、なんとテザリングができなくなっていることがわかりました。

mineo一本化に向けての最後のピース、Speedify

mineoへの一本化を企んでいるわけですが、mineo SIM 2枚(AプランとDプラン)を揃えただけではどうしても不安な点がありました。 それはmineoのパケット放題の最大通信速度500kbpsでは、どうしてもまともに動いてくれないシーンが若干ながらあることです。 いくら時間をかけても処理がいっこうに進まないケースが稀にあります。

mineoオンリー運用をサポートするツール

mineo1本化のトライアルをしていて、Androidの方ですが面白いツールを見つけました。それがこちら。 通信速度モニター - Google Play のアプリ 回線の通信量をカウントしてくれるアプリはたくさんありますが、こちらは一味違ってリアルタイムにそのときの通信速度をAndroid画面の隅にオーバーレイして表示してくれます。

インターネット回線のmineo1本化に挑戦

今はこの「パケット放題」がmineoユーザーなら誰でも試せる「パケット放題祭り」の期間ですので、ここ数日自分も試用を続けていました。 「パケット放題」はmineoのパケット数を消費しないmineoスイッチ ON(低速モード)時の速度を最大200kbpsから最大500kbpsに増速する有料オプションですが、この2.5倍の差はかなり大きかったです。

mineoがまた面白いサービスを始めた

またmineoらしい「おっ!」と思わせる機能が出てきました。 それがmineoの「パケット放題」です。詳細は以下のリリースページで参照できます。 内容はデータ容量を消費しない「mineoスイッチ」ON(節約モード)の通信速度を、通常の最大200kbpsから最大500kbpsに増速するというものです。

mineo SIMをシングルタイプに切り替えへ

今までmineoは333円キャンペーンに乗っかってデュアルタイプのSIMを使ってきましたが、そのキャンペーン期間も今月で終わりです。 私は通話については別途ドコモのFOMA回線を維持しており、mineo側に通話機能は特に必要ありませんので、シングルタイプに切り替えることにしました。

mineoの旧SIMをとうとう解約

先日書きましたように新規契約したmineo SIMが到着したにもかかわらず、旧SIMを解約しないでしばらく様子見をしていました。 しかし引越の日も迫ってきましたので、とうとう解約の手続きを行いました。 旧SIMを解約しないで粘っていた主な理由は、前回の記事でも書きましたがこれを解約してしまうとMNPの元になる弾が無くなってしまうためです。

mineoの新SIM到着。解約前に最後のMNP偵察

mineoの新SIMが早くも到着しました。mineoさん、仕事が早いですね。 ただし、旧SIMの解約と新SIMの利用開始がほぼ同時であれば、いつのタイミングでやっても結局今月はおよそ1カ月分の料金がかかることになります。ならば急ぐ必要はありませんので、とりあえず旧SIMの解約はしばらく保留することにしました。

締め切り間際のmineo 333円キャンペーンにすべり込み

どうもドコモにMNPしてiPhone 8 Plusを格安入手する案は諦めた方が良さそうです。 そうなりますと、MNPの元ネタとして今のmineoの音声通話付きSIMを維持しておく意味がなくなってしまいます。 今ならぎりぎり以下の「3つそろって333キャンペーン」に間に合いますので、現行SIMは解約してこれに乗り換えることにしました。

スポンサーリンク