資産運用一覧

約1カ月で再び投信リバランス

前回の2カ月ぶりの投信リバランスをお伝えしてからまだ約1カ月しか経っていませんが、意外と早く次の投信リバランスタイミングがやってきました。 今年の投信リバランス回数は、今回でとうとう2桁に乗りました。 前回の8月頭のリバランスは株式の上昇に一時的な陰りが見えて債券売り、株式買いに近いパターンとなりましたが、その後はまた株式が勢いをぶり返してきましたね。

2カ月ぶりの投信リバランス

先日そろそろバブル?再び投信リバランスを書いてから約2カ月、再び投資信託をリバランスするタイミングがやってきました。 今回はどちらかというと債券売り、株式買いのパターンですが、日本株に比べれば最近の海外株式の下落は抑えられていますので、海外株式は売りに回るという変則パターンとなりました。

三日天下に終わったマネーフォワードMEのリニューアル

資産管理・家計簿サービスのマネーフォワードMEですが、一昨日の7月7日に突然Web UIのリニューアルが行われました。 推移を見守っていましたが、事態は以下のように劇的な展開を迎えました。 7月7日:新Web UI公開。即Twitterなどで批判多発 7月8日:社長がnoteで旧バージョンへの巻き戻しを表明 7月9日:未明に巻き戻し実施

そろそろバブル?再び投信リバランス

前回1カ月ぶりの投信リバランスを書いてからまだ20日ほどしか経っていませんが、早くも次の投信リバランスタイミングがやってきました。 今回で今年の投信リバランスは8回目となりました。まだ半年しか済んでいないのに、このリバランス頻度は本当に異常な年です。

1カ月ぶりの投信リバランス

前回今年6回目の投信リバランスを行いましたのが4月14日、それから1カ月ちょっとの一昨日、また投信リバランスを行いました。 今回で今年の投信リバランスも7回目。コロナショック直後の2月~3月に比べれは間隔は開いてきましたが、それでも少ない年には年間2~3回程度しかリバランスしなかったことを考えると、相変わらずのハイペースです。

LINEワンコイン投資から撤退

LINEスマート投資内のワンコイン投資ですが、LINEのポイント制度が5月にマイカラーからLINEポイントクラブに変更されることに伴い、旨味が無くなってしまいました。 こうなりますと、高コストで自由の効かないワンコイン投資を続けているメリットはもはや何もありませんので、手じまいするしかありません。

今年6回目の投信リバランス、コロナショックはどこを目指す?

2月後半はら3月にかけてはコロナショックのせいで毎週のように投資信託のリバランスを行っていましたが、相場もさすがに少し落ち着きを取り戻し始めたようですね。 前回の投信リバランスが3月27日でしたが、そこから18日目の今日、今年6回目の投信リバランスを発動しました。

投信リバランス、今年5回目にしてやっと反転

このところ、コロナショックの暴落のせいで投資信託のリバランスを連発していますが、今週も昨日リバランス発動となりました。 ただ今回のリバランスは、先週までと違ってリバランス方向が逆転しました。 日経平均の直近1年のチャートを見てもわかりますが、株価がやっと上昇に転じたためですね。

今年4回目の投信リバランス発動。コロナショックの底は見えず

このところの暴落で、実は先週末くらいから再び投信のリバランスラインに到達していました。しかし値動きが激しすぎてリバランス額を計算するのもままならず、様子を見ているうちに今週も半ばまできてしまいました。 しかしいつまでも様子を見続けるわけにもいきませんので、昨日とうとうリバランスの注文を発注しました。

今年3回目の投信リバランスはコロナショックと共に

先日早くも今年2回目の投資信託リバランスを書きましたのが2月の末で、それからまだ2週間弱しか経っていませんが、早くも昨日 今年3回目のリバランスを実施しました。 今回のリバランスの原因は、言わずと知れたコロナショックです。 日経平均の直近1年のチャート(SBI証券のページから引用)を見ると、こんな感じ。

スポンサーリンク