資産運用一覧

SBIポイントの現金交換優遇レートが復活していた

久しぶりにSBIポイントのページをよく見ていたところ、なんと期間限定ながら優遇レートの現金交換が復活していました。 今回はSBIカードの替わりにSBIソーシャルレンディングの投資家登録(個人)とSBIポイントをID連携すれば、優遇レートでSBIポイントが現金と交換ができるということですね(入金先は住信SBIネット銀行)。

とうとう金融機関が父親の遺産に目を付け始めたか

先日母親から、郵便局からかんぽ生命の人が何やら説明しにやって来るので一緒に立ち会ってほしいと頼まれ、話を聞いてきました。 話の内容としては、今後母親の介護が必要になって介護保険を利用する状況になったとき、介護保険の利用者負担軽減制度が使えるように生命保険で準備しませんか、というものでした。

資産残高が去年末の暴落前の水準まで回復

資産残高の推移ですが、2018年の資産推移を振り返るで書きましたように去年末は株式市場の暴落を受けて激しい下落に見舞われました。 しかし今年に入ってからは株式市場の状況が一変、今度は一直線に上昇していく回復期となりました。

今年は投資信託を早くも2回リバランス

去年は年末の株式暴落を受けて12月に2回も投資信託のリバランスを行いました。 一方今年はその反動ということもあり、年初からまだ2ヶ月も経っていませんが反対方向のリバランスが続発しています。 この反対方向のリバランスの引き金を引いているのは、今年に入ってから続いています株式市場の急回復です。

dポイント投資がとうとうプラ転

今年に入ってからちょくちょく書いていますdポイント投資ですが、2月に入ったばかりのこの時点で一つの節目を迎えました。 それは昨年10月から12月にかけての株式市場の急激な下落で大幅マイナスに陥っていました損益がとうとうプラスに転じたことです。まあプラ転といっても、現状は合計損益でわずか+1ポイントだけですけどね。

素人が一から始める相続手続き

そろそろ父親の遺産の相続手続きを考えなければならない時期になってきました。 相続を考えるにあたってまず調べなければならないのは、大きな借金が残されていないかといういことです。 残された遺産総額より負債が多い場合、相続人は負債を引き継がないために相続放棄という選択をすることができます

dポイント投資 全額引き出しからのフルインベストメント

今日は先週dポイント投資の全額引き出しで暴落を華麗に回避で書きましたdポイント投資のその後の状況についてです。 前回の記事で書きましたように、先週は暴落を避けるためにdポイント投資から一旦全ポイントを引き揚げました。しかし今週はNYダウが連騰しましたので、先週とは一転ポイントを積み上げる週になりました。

2018年の資産推移を振り返る

今年も最後の12月になって劇的な株式市場の暴落がありましたので、2018年の自分の資産推移を振り返っておきたいと思います。 今年の私の資産推移がどうだったのかをマネーフォワードの1年間の資産残高時系列推移グラフで振り返ってみると、以下のような感じとなりました。 2017年が右肩上がりのグラフだったのに比べ、2018年は終わってみると右肩下がりでしたね。

12月は投資信託を2回もリバランス

先週から始まった株式市場の暴落は一昨日がとりあえずのクライマックスとなったようですが、なかなかすさまじいものがありましたね。 12月は投資信託を2回もリバランスしてしまいました。 日経平均は千円以上下落した25日とはうって変わって26日は少し落ち着いたようですが、それでも1年8カ月ぶりで一時1万9千を割り込みました。

スポンサーリンク