ガジェット一覧

急遽povo2.0を導入することにした

今年9月でマイピタのキャンペーン割引期間が終了しますので、そのあたりでpovo2.0の使い放題トッピングか楽天モバイルあたりに乗り換えようと思っていました。 しかしここにきて、povo2.0からデータ使い放題が1ヶ月当たり実質1,980円になるというキャンペーンの通知が来ました。

audibleの2か月99円キャンペーン

5月に6カ月続けたaudibleを退会で書きましたように半額キャンペーン期間が終わったので一旦退会しましたオーディオブックサービス audibleですが、ここにきてさらに強烈な割引キャンペーンの知らせが届きました。

6カ月続けたaudibleを退会

去年3か月50%OFFリトライキャンペーンでaudible再加入で書きましたオーディオブックサービス audibleですが、このたびとうとう退会しました。 去年の記事を書いた時点では3か月50%OFFのリトライキャンペーンを利用しての入会でしたので、それが終わる今年2月頃には退会の予定でした。

昔買ったトラベルルーターにロードバランシング機能が追加されていた

実家の方では、相変わらずmineo回線1本のテザリングでネット接続を賄っていました。 この点、何とかならないものかと考えながら昔買ったトラベルルーター GL.iNet GL-AR750S-Extを引っ張り出してきてファームウェアをアップデートしてみたところ、何とロードバランシング機能が追加されていることがわかりました。

Kindle for PCで日本語書籍の読み上げができるようになっていた

主にスマホのRakuten Hand 5Gを使って電子書籍を読んでいます。しかし長時間読んでいますと目も疲れてきますので、音声読み上げの機能が欲しくなってきました。 そんな中で試しにWindows PCで動くKindeアプリ Kindle for PCを久しぶりに試してみたところ、読み上げ機能がかなり進化していることがわかりました。

Fire TV Stickのリモコンを電子書籍のページめくりデバイスとして使う

Rakuten Hand 5Gで電子書籍を読むこと自体にそれほど問題が無くても、画面が小さいので指でのページめくりで姿勢が固定されてしまい、長時間使っていると腕や肩が凝ってくるという問題がありました。 この点を改善するために、手元にありました様々なポインティングデバイスによるページめくりを試してみました。

Rakuten Hand 5Gをリーダー端末にする

低下気味のゲーム熱に替わってぶり返してきたのが読書熱です。 お寺の行事が終わった後にちょっと気分転換にと思って買い置きしていましたラノベを読み始めたところ、何だか面白くて一気に1冊読んでしまいました。 今はスマホで読んでいますが、活字の書籍を本格的に読むとなりますとE-Inkの端末が欲しくなってきます。

ロードバランシングルーターを導入

私は現在、ネットのメイン回線としてmineoのマイピタ+パケット放題Plusを利用してますが、やはり最大1.5Mbpsでは速度的にちょっとストレスがたまるシーンもあります。 そんな時の対策として、以前にmineo一本化に向けての最後のピース、Speedifyで書きましたように、mineoを2回線契約しそれを束ねて通信帯域を稼ぐという手段があります。

スポンサーリンク