仮想通貨一覧

tax@cryptactで計算した2017年の仮想通貨損益は?

以下がtax@cryptactで計算した2017年の仮想通貨損益の結果です。 私の2017年の仮想通貨との関わりは、ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなどの購入とマイニングが主でした。 マイニングで得た仮想通貨についてはその時の時価で税金がかかりますが、私の場合これは分量が限られています。 あとは購入してのホールドが主で利益目的の売買はほとんど行っていません

tax@cryptactで仮想通貨の税金計算

既に確定申告の期間に入ってしまいましたが、今年の最大の課題は今回から初めて必要になります仮想通貨の税金計算です。そこでまずこれに集中して取り組んでいました。 その結果、仮想通貨損益計算サービスtax@cryptactを使用することで仮想通貨の税金を計算する目処が立ちましたので、今日はこれについて書いてみます。

仮想通貨の資産価値、見事に山から下山して振り出しに戻る

今日は世界的に株の下落が激しかったですが、仮想通貨はそれに輪をかけて大暴落していますね。 以下は仮想通貨のポートフォリ管理アプリBlockfolioで見た今日の私の資産状況です。 私が保持している主要な仮想通貨ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムが軒並み24時間で3割前後の大幅下落となっています。

そろそろハードウェアウォレット、買っちゃおうかな

コインチェックのネム大量流出騒動ですが、コインチェックから自己資金で補償するという方針が発表されたもののその期日もはっきりせず、いまだ先行きが不透明な状況ですね。 そんな状況の中で現状言えることは、やはり仮想通貨は取引所に置きっぱなしにするのではなく、自分で管理しないと安心できないということです。

コインチェックは一刻も早くネム以外の取引/引出の再開を

コインチェックのネム大量流出事件ですが、盗難があったことと管理体制がずさんだったこと以外ほぼ何も明らかにならなかった1月26日深夜の記者会見から一転、被害者に自己資金で補償するという方針が恐ろしいほどのスピードで発表されましたね。 一応コインチェックのユーザーながらもネムを全く持っていなかった私のところにもメールが来ました。

コインチェック騒動は他人事ではなかった

コインチェックのネム大量盗難事件、私もTwitterで関連ツィートの流れを見たり、AbemaTVでコインチェックの記者会見の生中継を観たりしながら、事態の推移をリアルタイムで見守っていました。 とはいえ、私はコインチェックに口座を開いてはいるものの自己資金を投入しての取引はしていませんでしたので、ある意味他人事だと思って騒動を眺めていました。

歩くことで仮想通貨が稼げるゲームが始まる?

ネットを巡回していたら以下の記事を見つけました。 歩くと仮想通貨が稼げる新ゲーム・ビットハンターズ登場! ポケモンGOを越えるか? | エイ出版社 なんでも実際に町を歩くことでゲームを進めるポケモンGOタイプの新たなゲーム「ビットハンターズ」というのが開発されているとのこと。

暴落の仮想通貨、やっと下げ止まりか

昨日あたりから一般のニュース番組などでも伝えられ始めていますが、今週は仮想通貨が暴落しています。 ここ数日で約170万円あった価格が一気に100万円近くまで下落しており、その下落率は4割を超えます。 更にピークだった去年12月中旬に230万円付近まで上げていたところから見ると、その下落率は実に6割に迫るものがあります。まさしく大暴落ですね。

ピカラ光ネットから通信量超過の警告を受けた

うちでは現在、インターネットアクセスには賃貸契約に伴って無償で提供される光ファイバー回線を使用しています。 プロバイダーは四国電力が経営していますピカラ光ネットというところですが、正月の帰省から戻ってみたらそこからDMが来ていました。 なんと規定の通信量を超過したので、あと2回同じことをしたら帯域を制限しますよという警告です。

スポンサーリンク