車中泊一覧

Amazonタイムセールであやうくポータブル電源を買いそうになる

Amazonのタイムセールは商品が多すぎて掘り出し物を見つける気力が湧かずにスキップすることが多いのですが、今回はAmazonの方から気になる商品をメールでプッシュしてきました。 それがこちらのポータブル電源です。 多分先日オール電化車中泊の可能性の記事を書いたとき、Amazonでポータブル電源を見まくっていましたので目をつけられたのでしょうね。

これは面白い、ポータブルクーラー自作

蚊の件はケリがついたのですが、そんなことをしているうちに目が冴えてしまい、眠れなくなってしまいました。 そこで止む無くスマホでYouTube動画を眺めていると、面白いものを発見しました。それがこちらのポータブルクーラーの自作動画です。 車中泊でどうにもならないのが夏の暑さです。したがって、私は暑い時期に車中泊をすることなどは想像もしていませんでした。

オール電化車中泊の可能性

車中泊のYouTube動画を観ていたら、車にポータブル電源を持ち込んで車載用の炊飯器でご飯を炊いているシーンを見かけました。 デカいバッテリーを積んでいるハイブリッド車なら電子レンジも使えるなんて話は以前から耳にしていましたが、普通の車でもそんな手があったのですね。

車載折りたたみテーブルでゆったりとした食事を

車内で食事する時には大抵後部座席で食べることになりますが、ここで1つ問題があります。 それは食べ物・飲み物を置く場所が無いことです。 食べ物は少し傾いている横の座席に置きつつ、飲み物は反対側の横にあるカップホルダーに入れるという、何とも窮屈な姿勢で食事をすることになってしまいます。 この点は車中泊を行うときなどにも気になっていましたので、車載用の折りたたみテーブルを購入してみることにしました。

日の出と虹と雲海と

昨日高原で避暑中で書きました通り、昨晩は大河原高原で車中泊での一泊となりました。 今朝はあたりが明るくなり始めた4時50分頃、自然に目が覚めました。まだ日の出前のようだったのでスマホのGoogle Nowに「徳島の日の出の時刻は?」と音声で質問してみると、しっかり4時59分と答えてくれました。 これは絶好の日の出撮影のチャンスということで、早速起きだしてカメラを構えました。

高原で避暑中

昨日書きました蒸し暑くなり始めた途端にエアコン故障の件で急に思い立ち、高原に避暑にやってきました。 今日はMacBook+Xperia Z3 SOL26のテザリングによるノマドスタイルで更新しています。 といってもここは徳島市内から車で1時間ほど、高原としては超近場の大河原高原というところです。標高は950mほどあります。

スマホをカーナビとして使ってみて分かったカーナビ専用機の最大のメリット

最近の車中泊関連の記事で書いていますように、自分はホンダのN-BOXという軽自動車に乗っていますが、この車を去年買った時、カーナビはあえて付けませんでした。 カーナビが本当に必要になる機会は年に数回くらいしかなく、いざとなればスマホのアプリでもナビできますので、専用機を何万円も出して取り付ける価値は無いと判断したためです。 しかし、最近スマホのナビを使用しているときに何回かトラブルに見まわれ、少し認識が変わってきました。

iPad miniは旅先での暇つぶしに最高だった

先日出かけた車中泊旅行では、車中泊で1泊、ホテルで1泊しましたが、案外持て余すのが夜の時間です。 観光地では夕方にはほとんどの施設が閉まりますので、あとは車中泊場所かホテルに向かうしかありません。 いずれにしても風呂や食事を済ませた後は、長い夜の時間が待っています。酒場に繰り出したり、連れがいて話が盛り上がったりするのでなければ、案外暇なのがこの時間です。 そういうときに持っていると強い味方になってくれるのがiPad miniです。

電池式ランタンの耐久テスト

先日、車中泊に持って行って良かったもので書きました電池式ランタン BF-125ですが、Panasonicのホームページにスペックがまだ残っていました。 これを見ると、電球使用なのにアルカリ電池であれば連続約16時間も保つみたいですね。単3電池なら保って数時間だろうと思っていたのですが、想像以上の長寿命でした。 現在は電球をLED球に変えていますので、おそらく更に長寿命のはずです。

2泊3日 車中泊旅行の決算

2泊3日の高知への車中泊旅行を終え、今日は自宅でまったりしています。 一応、旅行中の支出はメモしていたのですが、それを家計簿に反映しつつ、旅行費用の決算をまとめてみました。 2泊3日の総費用でも1万五千円かかっていないということで、かなりの節約旅行になりました。

スポンサーリンク