ブラック・スワンは悪者か?

先日「生命保険のリストラ」で生命保険の医療保険特約を解約した話をしました。これで思い出すのは、最近アフラックのCMでよく目にするにブラック・スワンです(アフラック・ダックのライバルなのでブラック・ダックかと思っていたのですが、アフラックのサイトで確認したらスワンでした)。

電子マネーで公共料金支払いをお得に

10月は住民税・国民健康保険・国民年金と、退職にともなって自己負担が始まった公共料金の支払いラッシュが始まります。そこでコンビニでの支払いを想定し、電子マネーなどを使用した少しでもお得になる支払い方法がないかを調べてみました。

生命保険のリストラ(つづき)

定期保険特約、医療保険特約と解約して、最後に残ったのが500万円の終身死亡保険です。基本的に生命保険は不要という山崎元さんの勧めに従えば、月額保険料約4,000円のこの終身保険についても、解約を検討してもいいところです。実際、親は自分の年金で比較的余裕のある暮らしをしていますし、死亡保険がぜひ必要という状況でもありません。

生命保険のリストラ

先日ご紹介しました「全面改訂 超簡単 お金の運用術」で、生命保険は山崎元さんに「損な賭け」と切って捨てられています。山崎さん曰く、民間の保険会社が提供する生命保険商品のほとんどは、加入しないほうがいい代物だ。生命保険は不要だ、とまず考えよう。老若は関係ない。 だそうです。

日本の社員は守られているのか?

今、ネットで以下のブログ記事が話題のようです。私はブラック企業の経営者だった 親から受け継いだ会社の経営が苦しくなり、従業員を次々解雇して最後は幽霊会社にしてしまったとのこと。まあ、どこまで真実に忠実に書いてあるのかは不明ですが、最近会社を辞めざるを得なくなった身としては色々と考えさせられます。

9月の支出集計

月初は色々な人が家計の集計結果を公開されていましたが、うちも遅ればせながら集計しみました。無職生活に入って初めての月でしたが、ブルーレイレコーダーの分を除けば、だいたい想定していた範囲かと思います。

「全面改訂 超簡単 お金の運用術」お勧めです

まず第一章、いきなり資産運用の超具体的な手順がでてきます。投資の解説本では「こういう商品があります、ああいう商品もあります。あとはご自分の状況に応じて選んでください」というような流れになることが多いですが、この本ではリスク資産と無リスク資産の投資比率から、各々で投資する銘柄まで具体的に書かれています。

スポンサーリンク