iTunes WiFi同期でiPhoneやiPadが見つからない時の対処方法

先日新MacBookのための完全ワイヤレス環境を試作するで書きましたように、来るべき新MacBookに備えてUSB接続に頼らない完全ワイヤレス環境を試行中です(既に新MacBookは買う前提かい、という話もありますが)。

この記事で書きましたデバイスサーバー N-Transferの使用により、外部HDDへのアクセスは案外うまくいっているのですが、1つ見落としている点がありました。それがiTunesとiPhoneやiPad等のiOSデバイスとの同期です。

iOSデバイスのN-Transfer経由でのUSB接続失敗

自分の場合、iTunesとiOSデバイスとの同期は週に1回ほどPodcastを追加・更新するときか、インストールしたいアプリが発生した時くらいしか行いませんので、頻度は低いです。

従ってこれについては、必要時にN-TransferにUSB接続して行ってもいいかと考えていました(先日買いましたUSB3.0ハブは4ポートですので、HDDを2台繋いでもまだポートが余っていますし)。

しかし、実際にiOSデバイスをN-Transferに挿したUSBハブに接続してみると問題が発生しました。

iOSデバイスもN-Transfer側から見ればUSBデバイスの1つですので問題なかろうと軽く考えていたのですが、繋ぐと「接続に失敗しました」というエラーが発生するのです。

しかもこの時、うまく繋がっていたHDDの方まで巻き込んでエラーにしてしまいます。

何度抜き挿しを繰り返しても常に同じエラーになりますし、iPhoneでもiPad miniでも同じ現象でしたので、どうもN-TransferはiOSデバイスには対応していないようです。

iTunes WiFi同期の問題点

そうなりますと残る頼りはiTunesのWiFi同期機能のみです。しかしこのWiFi同期には以前から1つ問題がありました。

通常iOSデバイスにWiFi同期の設定がしてあり、iTunesが動くPCとiOSデバイスが同じローカルネットワーク内にいる場合、以下のようにiTunesがiOSデバイスを認識してツールバーにデバイスアイコンが表示されます。

iTunes WiFi同期 デバイスアイコン有り

この状態であればWiFi同期が動作します。しかしタイミングによって、なぜかiTunesがiOSデバイスを見つけられない場合があるのです。この時には、以下のようにデバイスアイコンが消えた状態となります。

iTunes WiFi同期 デバイスアイコン無し

この状態ではWiFi同期が動きません。PCやiOSデバイスの状態が全く同じであっても、iOSデバイスを認識する時としない時があるのです。

また、完全に認識するかしないかの2択ではなく、iPhoneとiPad miniの片側だけを認識している時もあります。

iTunesがiOSデバイスを認識しない時の対処方法

この点は以前から気になっていたのですが、いざとなればUSB接続しさえすれば同期できますので、今まであまり本気では調査していませんでした。

しかし今回は完全ワイヤレス環境の実現にこだわっていますので、もう少し本気で調べてみました。

ネットで検索するとこの問題に悩んでいる人は多いようで、多くの情報が出てきます。例えば以下など。

iTunes 10.5 and later:iTunes Wi-Fi 同期に関するトラブルシューティング – Apple サポート
iTunes12でWi-Fi経由のiPhoneが同期できない時の対処法 | オレっち.com
iTunesによるWi-Fi同期ができなくなった場合の4つの対処方法 – OTTAN.XYZ
iPhone が iTunes で Wi-Fi 同期出来ない場合 – Open the Next

一番上はApple純製のトラブルシューティング情報です。これらを順番に試していきましたが、残念ながらうちの環境ではどれも効果がありませんでした。

ところが試行錯誤しているうちに、1つだけ有効な方法を見つけました。

それは、

PCのWiFiをOFF→ONする

ということです。PCやiTunesを再起動する必要も、iOSデバイス側を再起動する必要もありません。とにかくiTunesが動いている状態のまま、PCのWiFiを一旦切ってから再接続する、これだけです。

これで速い時には数秒後、遅くとも1〜2分後にはiTunesにデバイスアイコンが現れます。なぜこれで直るのかはよくわかりませんが、今のところうちの環境では改善率100%です。

参考までに環境の情報を挙げておくと

  • PC:MacBook Pro(15inch Retina, Mid 2012)
  • OS:OS X 10.10.2 Yosemite
  • iTunes:12.1.0.50

です。

なおこの対処が効くためには、WiFi同期が動く環境・設定が整えられていることが前提です。つまり、今までに少なくとも1度はWiFi同期が動いたことがある人向けと言えます。

その辺りの環境・設定が怪しい可能性がある方は、まず上に挙げた記事などを参考にして環境・設定内容をチェックしてみてください。

それでもよくWiFi同期不能になる、という方は一度試してみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)


『iTunes WiFi同期でiPhoneやiPadが見つからない時の対処方法』へのコメント

  1. 名前:あああ 投稿日:2018/01/07(日) 14:26:56 ID:6677ed749 返信

    自分はBonjourを誤って削除したのが原因だったので、itunesの再インストールで治りました。

    • 名前:観楓 投稿日:2018/01/07(日) 17:10:03 ID:179572f81 返信

      なるほど、どういう環境面が原因の可能性もあるのですね。

      うちの場合は繋がったり繋がらなかったりとその時々によって状況が変わりましたので、おそらくそれとは別問題だと思いますが。