0SIM by So-net一覧

ポケモンGO 4日目、とうとうボール不足に突入

ポケモンGOのプレイも今日で4日目に突入です。レベルも9まで上がり、見つけたポケモンも33種類、総数63匹とだいぶ増えてきました。 今のところレア度の高いポケモンの進化や強化がほとんどできていませんので、ジムでの対戦が全然勝てませんが(多分、腕のせいもあり)。 このレベルになって様子がだいぶわかってくると、今まで想像していなかった問題も見えてきました。

スマホの2台持ちが思いの外快適だった

mineo SIMをauプランに変更したわけですが、これによりSIM入りスマホの2台体制が実現しました。 スマホ2台体制は以前から一度やってみたかった使い方ですが、実際にやってみると思いの外快適でした。 自宅ではWiFiでの使用が主になりますので、以下では戸外での使用状況について書いてみます。

月末なのでmineoと0 SIMの使用状況チェックと残容量の後始末

今日は2月の最終日ということで、今使っていますmineoと0SIM by So-netの2月の使用状況などをチェックしてみました。 mineoは正月の帰省時のテザリング使用に備えて1月はドコモプランの3GBコースにしていましたが、1月の基本容量の3GB(3,072MB)と12月にフリータンクから引き出した1,000MBの合計4,072MBが見事に前月繰り越し分として手付かずで残っています。

とうとうSo-netが0 SIMの正式サービス開始

1月7日に0SIM by So-netが正式サービス化される?で正式サービス化の噂をお伝えしました雑誌デジモノステーション付録の0 SIMですが、とうとうSo-netで正式サービスが開始されました。 So-netのサイトを見にいってみると、既に専用ページが出来上がっていました。 データ通信専用プランの料金はデジモノステーション付録のものと全く同じですね。

0SIM by So-netの通信量に不可思議な点が

久しぶりに0SIM by So-netのユーザーページで利用状況を確認してみたところ、今朝の時点では以下のようになっていました。 これに対し、0SIM by So-netの使用量をiPhone自身で確認する方法があったで書きましたiOSのモバイルデータ通信画面の使用量を確認してみると、意外なことが起こっていました。

0SIM by So-netが正式サービス化される?

このところ良く話題に挙げています0SIM by So-netですが、So-netが正式サービス化するという話が出てきているようですね。 無料で通信できる格安SIM「0 SIM by So-net」まもなくサービス開始へ | BUZZAP!(バザップ!) 上記記事で紹介されています0SIMのFAQページや料金表のPDFファイルは確かにSo-netサイト内に存在しているようですので、あながち根拠の無い話でもなさそうです。

0SIM by So-netの使用量をiPhone自身で確認する方法があった

去年末に0SIM by So-netの利用状況確認のレスポンスが遅すぎて使い物にならないという話を書きました。 すると、コメントでデータ通信を管理したり制限するようなアプリがあると教えていただきましたので、少し調べてみました。 まず最初に見つけたのがこちら。通信量チェッカー

要注意! 0SIM by So-netの利用状況確認は更新が遅すぎる

昨日書きましたように帰省の道中で活用していました0SIM by So-netですが、調子に乗って使っていたら1日で500MBをオーバーし、課金領域に突入してしまっていたことが今日わかりました。 昨日使っている最中も頻繁に利用者向けページで利用状況を見て確認していましたが、何度再読み込みしても「本日のデータ使用量(速報値)」は190MBのままで止まっており、それ以上は全く更新されませんでした。

0SIM by So-netとmineoの今後の使い方を考える

現在ネット上で話題でこのブログでもここ2日ほど書いています雑誌デジモノステーション2016年2月号付録の0SIM by So-netですが、今日は現在契約していますmineoのSIMと今後どう棲みわけていくかについて考えてみます。 まず考えられるのは、mineoの契約を解約して完全に0SIM by So-netでの運用に移行することです。

スポンサーリンク