LINE Pay+楽天銀行の組み合わせで還元率3.5%以上をたたき出す

LINE Payの様子をTwitterなどで眺めていますと、時々超Payトク祭以外の情報も流れてきます。その中でも特に目を引いたのが、LINE Payへのチャージに楽天銀行を利用するというものです。 なんでもLINE Payへのチャージもハッピープログラムの対象取引になるらしく、VIPステージ以上になっていれば100円チャージで1回3ポイントもらえるそうです。

お彼岸でお寺に参ったらかなりげんなり

私はこのお寺の宗旨とどうもそりが合いませんので、普段は父親の葬儀・供養に直接関係することを除いては極力関わらないようにしています。 しかしうちの場合は父親のお骨をお寺の納骨堂に納めさせてもらいましたので、今回の彼岸会(ひがんえ:お彼岸の法要)はお墓参りの替わりだと言われれば、行かないわけにもいきません。

お客様感謝デー+LINE Pay超Payトク祭で炭酸水大量ゲット

お客様感謝デーの5%OFFもよく利用させてもらっていますが、今回の超Payトク祭の20%還元はLINE Payが提供するQUICPay決済も対象ですので、イオン系列のスーパーでも利用できます。 合計25%OFFはめったにない機会ですので、この際必要なものを近所のイオン系列のスーパー マルナカで買いだめしておくことにします。

SBIポイントの現金交換優遇レートが復活していた

久しぶりにSBIポイントのページをよく見ていたところ、なんと期間限定ながら優遇レートの現金交換が復活していました。 今回はSBIカードの替わりにSBIソーシャルレンディングの投資家登録(個人)とSBIポイントをID連携すれば、優遇レートでSBIポイントが現金と交換ができるということですね(入金先は住信SBIネット銀行)。

LINE「春の超Payトク祭」が結構すごい

いよいよLINEで「春の超Payトク祭」が始まりましたね。 20%還元なのは今までの「Payトク」キャンペーンと同じですが、今回は何と言ってもQRコード払いに加えてLINE Pay カードやAndroid端末でのQUICPay+の支払いも還元対象に入ったのが目玉です。

2月分の支出集計

食費は5千円に激減した前月からさらに減り、約3千円です。いよいよ半実家暮らしの本領発揮といったところですね。しかしこれ、よく考えてみると自分が最近話題の子ども部屋おじさんに近づいているということでもあり、何となく微妙な心境です。 また昼食は結構コンビニなどで買い食いしていますので、それでもこの金額は少なすぎる気もします。

WAONポイントがダウンロードできない時にやるべきこと

タッチポイントについては自動的に使えるようになるわけではなく、タッチした翌月の10日頃以降に自分でダウンロードする必要があります。 モバイルWAONについてはアプリで問題なくポイントを取得してWAONにチャージできていたのですが、カード付属のWAONについてはWAONステーションなどにかざしてもどうしてもポイントがダウンロードできない、という問題に悩まされていました。

とうとう金融機関が父親の遺産に目を付け始めたか

先日母親から、郵便局からかんぽ生命の人が何やら説明しにやって来るので一緒に立ち会ってほしいと頼まれ、話を聞いてきました。 話の内容としては、今後母親の介護が必要になって介護保険を利用する状況になったとき、介護保険の利用者負担軽減制度が使えるように生命保険で準備しませんか、というものでした。

デスクトップPC復活作戦

現状の私のメインPCはノートPCのInspiron 15 ゲーミングなのですが、実家と借家の2重生活をするようになってしまった関係上、このバカでかくて重いノートPCを頻繁に持ち運ぶのは骨が折れるのです。 かといってちゃんとしたPCをもう一台買うのももったいない気がします。

e-Taxで確定申告終了

今年からは認証の手段としてICカード方式以外に一度税務署に出向いて行ってID・パスワードを発行してもらう方式も提供され始めました。これから始める人は最初多少手間がかかっても、そちらにしたほうが結局楽ができるかもしれません。 ただまあ私の場合は既にICカードリーダーを持っていましたし、税務署はうちから少し遠いこともあり、今年もICカード方式で挑戦してみました。

スポンサーリンク