切り干し大根の酢じょう油漬けを作ってみた | Step to Next Life

切り干し大根の酢じょう油漬けを作ってみた

一時、台風の影響で異常に高騰していた野菜の値段もだいぶ落ち着いてきましたが、それでもきゅうりなど気軽に食べられる生野菜には、まだ高めのものもありますね。

自炊をしている関係上、極力野菜を食べて食物繊維を摂ろうとしていますが、値段が高騰すると家計上はなかなか苦しい物があります。

そこで以前に朝のテレビ番組「いっぷく」で見た、食物繊維がお手軽に摂れそうな以下のレシピを試してみました。

「切り干し大根の酢じょう油漬け」レシピ|TBSテレビ:いっぷく!

切り干し大根の酢じょう油漬け

切り干し大根はスーパーなどでよく売っている乾物で、千切り大根などと呼ばれることもあります。今回は40g入り98円で売っていた以下を使用しました。

Exif_JPEG_PICTURE

一番ポピュラーな料理方法は弁当の付け合せなどによく入っている煮物ですが、今回は他の料理と一緒に漬物やサラダ感覚で食べられる、応用範囲の広い上記の酢じょう油漬けにしてみました。

まず切り干し大根は水でよくもみ洗いし、水を絞らないままざるに上げて10分ほど置き、戻します。

Exif_JPEG_PICTURE

その間にタレを準備します。今回は切り干し大根の量が上記レシピの半分ですので、タレの材料も以下のように半分にしました。

  • 酢 1/4カップ
  • しょう油 大1
  • 砂糖 大1/2
  • 塩 少々
  • 水 1/2カップ

これらを混ぜあわせ、ガス代節約のために電子レンジでひと煮立ちするまで加熱しました。

大根が戻ったらよく水を切り、耐熱容器に敷き詰めます。そこに上記の加熱したタレを熱いままかけます。

Exif_JPEG_PICTURE

大根がタレによく浸かるようにならせば完成です。1時間ほど置いて熱を取った後、冷蔵庫で保存します。

Exif_JPEG_PICTURE

応用例

この酢じょう油漬けはそのまま食べても美味しいですが、他の野菜と合わせて酢の物風にしたり、ツナなどと合わせてサラダ風にしたりと、いろいろ応用が効きます。

「いっぷく」では、以下の2つの応用レシピが紹介されていました。

「切り干し大根のツナトマトサラダ」レシピ|TBSテレビ:いっぷく!
「シャキシャキ豚キムチ炒め」レシピ|TBSテレビ:いっぷく!

今回うちでは、冷蔵庫にあった もやし・ピーマンをレンジで加熱したものと合わせ、オリーブオイル・コショウを少し加えてサラダ風にしてみました。

Exif_JPEG_PICTURE

材料は年中いつでも安く手に入りますし、冷蔵庫で10日ほど保存もききます。煮物からは想像できないパリパリ感が楽しめますので、これはお勧めです。

手頃な野菜が手に入らなかった時などにお試し下さい。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)