プライム会員なら読み放題、Amazonで「Prime Reading」始まる

Amazonがまた恐ろしいサービスを始めましたね。その名も「Prime Reading」。

プライム会員にさえなっていれば、追加料金無しで本もマンガも雑誌も読み放題だそうですよ。事前に噂にもなっておらず、いきなりメールで通知が来て驚きました。

「Prime Reading」の位置づけ

Amazon Prime Reading
Prime Reading

Amazonの読み放題サービスと言えば既に「Kindle Unlimited」があったわけですが、あちらはプライム会員とは別口で月額980円がかかる有料サービスでした。

一方こちらはプライム会員でありさえすれば、追加の料金は一切かかりません。

その分和書・洋書各12万冊以上と言われる「Kindle Unlimited」の品揃えに比べると、読める本の数は現状で約900冊と大幅に絞り込まれています。

しかし、かなりの話題作や名作、メジャーな雑誌などもセレクトされていますので、読みごたえは十分ありそうです。

またプライム会員には月1冊ながら無料で電子書籍が読めるKindleオーナーライブラリーというサービスもありましたが、そちらと比べると

  • 月間で読める冊数に制限が無い
  • 同時に10冊までダウンロードして読める
  • Amazon専用端末のKindleやFire以外のスマホ、タブレット、PCでも読める

などの点で「Prime Reading」の方が優れています。

既にKindle端末のストア上ではKindleオーナーライブラリーのリンクはPrime Readingに置き換わっていますので、KindleオーナーライブラリーはPrime Readingに統合されるのでしょう。

雑誌に期待

さてこのPrime Reading、私も早速使ってみましたが、個人的には雑誌に一番期待しています。

リタイア生活に入ってから雑誌を買って読むことはほとんど無くなりましたが、無料で読めるとなれば話は別です。

とりあえず対象雑誌のリストを見てピンときた「DOS/V POWER  REPORT」「DIME」「東京カレンダー」「山と渓谷」「文芸春秋SPECIAL」の5冊をFire HD 8にダウンロードしてみました。

Fire HD 8は画面の解像度があまり高くないの小さな文字はかなり荒くなりますが、十分読めます。雑誌を読むなら、やはりこのくらいの画面サイズは欲しいところですね。タブレットを買っておいて良かったです。

「東京カレンダー」などは東京都内のかなりコアな話題が中心でしたのでざっと眺めただけで終わってしまいましたが、こういう読み捨てが惜しげもなくできるところも良いですね。

逆に「山と渓谷」は登山などほぼしたことがないのであまり読むところが無いかと思いましたが、綺麗な山の紅葉の写真が満載でしたのでじっくり眺めてしまいました。

今後は無料という点を生かして、今まで手に取ったことさえ無かったような雑誌を覗き見してみるのも新しい発見があって面白いかもしれません。

コミックは冒頭数巻のみ

またコミックにも若干期待していましたが、残念ながら無料で読めるのは冒頭数巻のみに限定されているようです。

例えばコミック「インベスターZ」1〜15巻を130円で購入で書きました「インベスターZ」が今回Prime Readingの対象に入っていましたので購入したのは早まったかと一瞬思いましたが、よく見ると無料で読めるのは3巻まででした。

これ以上読みたかったら購入するかKindle Unlimited に入ってくれと言うことでしょう。

このあたりは、今までも良くやっていたマンガの無料お試し版の公開の延長上にあるという感じですね。

それにしても、先日Amazonプライムはもう月400円の月額プランでいいかもという記事を書いたとたんにこういうサービスを出してくるあたり、さすがAmazonは機を見るに敏ですね。

私以外にもそろそろAmazonプライムに飽きてきた人が多かったのでしょうか。これでもうしばらくは年間会員を続けてしまうことになりそうです。

あとはこのサービス拡充がAmazonプライム値上げの布石ではないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。