ファミマTカード+LINE Pay カードの最強ペアはまだまだ終わらんよ

昨日悲報 ファミマTカードによるLINE Payチャージが終了していたでお伝えした件で、私のLINE Pay カードライフもすっかり終了かと思っていました。

しかしその後も調査を続けていると、ファミマTカード+LINE Pay カードの組み合わせで3%還元を実現する手段がまだ残っていることがわかってきました。

謎を解くカギはPOSAカード

その手段の謎を解くキーワードは「POSAカード」です。

POSAとは”Point of Sales Activation”の略で、レジで支払いをして初めて有効になるプリペイドカードの一種です。

ファミマで扱っているPOSAカードは以下のページで確認できます。

POSAカード|サービス|ファミリーマート

最近コンビニなどでよく目にするiTunes、Google Play、Amazonなどのプリペイドカードがすべてそうですね。

LINE Pay カードはまだファミマTカードで買えた

そしてここで注目すべきは、このPOSAカードの中にLINE Pay カードが含まれていて、それはまだファミマTカードのクレジット払いで買えるということです。

ここでいうLINE Pay カードは以前にLINE Pay カード利用でポイント2倍。LINE ポイント秋祭り開催などでもご紹介しましたコンビニ販売版のLINE Pay カードそのもののことで、レジで1,000~10,000円の範囲でチャージ額を指定して購入することができます。

.そしてこのコンビニ版LINE Pay カードはそれ自身をクレジットカードとして利用する他に、すでに持っているLINE Pay カードに追加チャージして利用することもできるのです。

つまり今までファミマでLINE Payにチャージしていた代わりに、ファミマTカードでこのコンビニ版LINE Pay カードを買ってきて追加チャージすれば、今までと同じように3%還元が実現できるというわけです。

実際にやってみた

このことがわかりましたので、実際にファミマでLINE Pay カードを買ってきて試してみました。

ファミマTカードで買てきたカードがこちらです。しっかりTポイントが付いていることも確認しました。

LINE Pay カード

そしてこのカードを普通にLINE Payで利用開始手続きします。するとその過程で、新しいカードを使うか既存のカードを継続して使用するか選択する画面が出てきますので、追加チャージする場合はここで既存のカードの方を選べばOKです。

LINE Pay カード 利用開始手続き カード選択.jpg

これでしっかり購入したカード分の金額が追加で使えるようになりました(せっかく買ったばかりのカードがゴミになるのがちょっと勿体ない気もしますが)。

なお、新しいLINE Pay カードを利用登録できるのは一ヶ月に5枚までという制限があるようです。つまりこの方法でチャージできるのは、月に最大5万円までということになります。

これは多分、昨日の記事で書きましたフリーライダー対策でもあるのでしょう。私の場合は日常系決済でしか使用しませんので、月に1~2万もチャージできれば十分です。

LINE PREPAID CARDを買わないように注意

というわけでファミマTカード+LINE Pay カードペアによる3%還元は何とか今回は生き延びたという状況ですが、最後に一点だけ注意事項です。

ファミマで売っているPOSAカードには、今回のLINE Pay カードの他にLINE PREPAID CARDというものもあります。

これはLINEのストアでスタンプなどを買うためのものですので、こちらを買ってもLINE Payにはチャージできません。

同じLINEのもので紛らわしいですが、しっかり「LINE Pay」の文字を確認して購入するようご注意ください。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)


『ファミマTカード+LINE Pay カードの最強ペアはまだまだ終わらんよ』へのコメント

  1. 名前:招き猫の右手 投稿日:2017/04/17(月) 19:15:11 ID:49c69a276 返信

    ほお、nanacoクレジットカードチャージみたいなもんですかね。
    それにしてもいろんな抜け道があるもんですね。

    • 名前:観楓 投稿日:2017/04/17(月) 20:59:31 ID:3cdf0ea4c 返信

      私が見つけたわけじゃないですが、まあ色々な手が出てきますね。

      今回の方法はプレイペイドクレジットカードを買い、本体は捨ててチャージだけのために使うというところがちょっと斬新ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。