最近のiPhoneには気圧計が付いている

ネットを見ていたら「バロメーターPlus」というiOSアプリを発見しました。

バロメーターPlus iTunesプレビュー.jpg
バロメーターPlus – 高度計と気圧計を App Store で

iPhoneが高度計/気圧計に

これはiPhoneを高度計/気圧計にするアプリですね。

説明を読むと

iPhone 6/6s/7(「Plus」モデルを含みます)、iPad Mini 4/Air 2/Proやなどのバロメーターが含まれているデバイス上で動作します。

とありますので、私の持っているiPhone 6s Plusでも使えるようです。

今までiPhone 6s Plusを使っていても全然気が付かなかったのですが、最近のiPhoneには気圧計の機能まで付いていたのですね。

実際に使ってみた

無料アプリですので早速ダウンロードして使ってみました。

デフォルト画面はこんな感じで、まさしく高度計/気圧計といった感じです。

バロメーターPlus デフォルト画面.jpg

設定画面を見ると日本語はちょっと怪しいですが、結構色々と設定できるようになっています。

バロメーターPlus 設定画面.jpg

まだ使い方が良くわかっていませんが、「GPSからの基準高度」「自動QNHを設定」あたりをONにしてしばらく放置しておくと、かなり正確な高度/気圧を表示してくれるようになった気がします。

こんな感じで気圧の変化の履歴をグラフで表示することもできます。

バロメーターPlus 履歴グラフ画面.jpg

以前に台風8号接近中の気圧変化を観測してみたで書きましたように私は気圧計付きの腕時計も持っているのですが、そちらは結構電池の大食らいでいざ使おうと思った時には電池切れになっていることが多いです。

iPhoneであればバッテリーは大容量ですし充電手段にも事欠きませんので、必要な時にいつでも使えますね。

惜しむらくは昨日通り過ぎて行った台風5号の襲来前にこのアプリの存在に気づけなかったことです。

まあ今年もあと何回かは台風が来るでしょうから、その時にはこのアプリでまた気圧変化を観測してみたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。