三井住友カードNL(ナンバーレス) 申し込み

突然ですが、また新しいクレジットカードを作ってしまいました。

三井住友カードNL(ナンバーレス)

今回申し込んだのはこちらです。


三井住友カード ナンバーレス(NL)|三井住友VISAカード

作成した主な目的は後で述べますSBI証券の投信積立ですが、以下のキャンペーンがありますのでカード作成と利用だけでも最大11,000円相当のポイントがプレゼントされ、かなりおいしいカードですね。

最大11,000円相当プレゼントキャンペーンは三井住友VISAカード

さらに作成時にポイントサイトを経由すればそちらでも8,000~10,000Pほどもらえるサイトが現状多数あり、カード作成の旨味はさらに大きくなります。

私はMoppy経由で今月初めに申し込みましたが、いまだに「判定中」の情報に掲載されないのがやや不安ではありますが。

カード自体は年会費永年無料であり、置いておく分には邪魔になりません。またポイントもセブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドなら2.5%、さらにセブン-イレブン・ローソン・マクドナルドでVisaタッチ・Mastercardコンタクトレス決済を使えば5%付きますので、使いどころさえ間違えなければかなり強力なカードになり得ます。

ただポイント付与が200円単位なのが難点で、私はコンビニなどで高額決済することが滅多にありませんので、この分野での出番はあまり無さそうです。

なおこのカードは作成時にVISAかMasterが選べますが、私は以下の2点があるためにMasterを選択しました。

  • au PAYのチャージに使える
  • Apple Payに登録すればiPhoneでMastercardコンタクトレス決済が使える

このカードの素の還元率は0.5%しかありませんので通常au PAYのチャージに使うことはありませんが、上記キャンペーンの条件達成のためにau PAYチャージを使わせてもらいました。

カードの審査は非常に早く、申し込んでから1~2時間程度で審査OKの通知がきました。その時点からバーチャルカードが利用可能になり、リアルカードもそこから5日程度で到着しました。このあたりのスピーディーさは、最近流行りのDXを体現しているようで面白いですね。

本命はSBI証券の投信積立

以上のように作成するだけでもかなり旨味のあるカードですが、私の場合それだけではカード作成にまでは至っていなかったでしょう。

私の本命は、以下などで告知されていますSBI証券の投信積立に使うことです。

2021年6月30日からSBI証券の投信積立サービスにおいて、5万円/月を上限として三井住友カード発行のカードでの決済が可能となり、決済金額の0.5%分のVポイントが付与されるということですね。

すでに始まっています楽天証券×楽天カードの組み合わせによる投信積立1%還元に比べると還元率は半分ですが、それでも出資時点で利益が0.5%分ブーストされるのは大きいですね。

サービスが始まったらしっかり活用させてもらおうと思います。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)