オセアニア通貨の底が抜けた

最近は各通貨について数百銭刻みで複数の買い注文を出すようにしています。 すると、今日の昼過ぎに大量の約定通知メールが一斉に送られてきました。 何が起こったのかとSBI FXのアプリで確認してみたところ、オセアニア通貨の豪ドル・NZドルがえらいことになっていました。 チャートは30分足で右上が豪ドル、左下がNZドルですが、いずれも1時間ほどの間に1円以上も下落しています。豪ドルに至っては2円近いですね。

Kindle Paperwhiteの動作が重くなってきたので一旦リセットした

以前にE-Inkのマンガの読み易さを再認識、そしてKindle Voyageが欲しくなってきたで書きましたようにKindleの無料マンガを読むのに愛用しているKindle Paperwhiteですが、最近動作が少し怪しくなってきました。 本を開くときやページめくりなどの動作で、動きが一瞬止まる時があります(待っていると動き出し、完全にフリーズすることはありませんが)。

ブログ記事数500到達とその効果

うっかり見落としていましたが、このブログの記事数が500に到達していました。厳密には500記事になったのは一昨日です。 会社を辞めて無職状態となった2013年9月の末頃から始めたこのブログですが、一応1つの区切りを迎えましたので、今の状況などを振り返ってみます。 アクセス数につきましては、途中で停滞状況の時期もありましたが、今のところ歩みは遅いながら増え続けています。

スマホ乗り換え準備:ドコモからauにMNP後はどのプランにするか

先日からスマホ乗り換え準備:ドコモのデータプランから安くMNPするにはなどで書いていますようにauにMNPする予定ですが、乗り換え準備の仕上げとしてMNP後に契約するauのプランについて考えてみます。 auの場合はカケホーダイプランしか選べなくなったドコモと違って、新しくできたカケ放題プランと従来型のLTEプランを選択することができます。

期間限定のリクルートポイントを駆け込み消化中

クレジットカードのリクルートカードプラスを使い始めて以来、徐々に貯まり始めているリクルートポイントですが、時々キャンペーンやプレゼントで期間限定やショップ限定のポイントを付けてくれます。 といっても最近は100P程度のささやかなポイントが多いですが、それでも捨ててしまうのは勿体無いのでなんとか消化しようと努力しています。 ちょうどこの1月末で期限が切れる限定ポイントがいくつか有りましたので、頑張って使ってみました。

スマホ乗り換え準備:ドコモのデータプランから安くMNPするには

昨日はスマホ乗り換え準備:契約をデータプラン(ルーター)+データSパックに変更でドコモのデータ回線をいかに安く解約するかを検討しましたが、今日は他キャリアにいかに安くMNPするかについて考えてみます。 私が使っているのはデータプランですので、そのままではMNPができません。 これに対して自分が取れる対策としては、以下の2つが考えられます。

スマホ乗り換え準備:契約をデータプラン(ルーター)+データSパックに変更

ドコモスマホが無料で解約できる2月まであと1週間を切りましたので、いよいよ乗り換えに向けて行動を開始しました。 以前にドコモ2年縛りのラスト2ヶ月の値上がりを回避する方法があった!?で書きましたように、解約月およびその前月(自分の場合1月・2月)の料金値上がりを少しでも抑えるため、1月のうちに契約プランの変更を行います。

GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金が元旦に引き落とされていた

リクルートカードプラスの2月分引落しの支払いが確定したとメールが来ましたので確認したところ、GMOとくとくBBのWiMAX解約の違約金が既に引き落とされていることがわかりました。 これは、去年GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りなどで書きましたように、WiMAXの契約を途中解約したために発生したもので、取られることは想定していました。 それにしても元旦から違約金引落しですか。容赦ありませんね、GMOとくとくBBさん。

スマホ乗り換えの下見に行ったらXperia Z Ultraが値上がりしていた

来月2月は今使っているドコモのスマートフォンの無料解約可能月です。 月々サポートの割引も12月で終了しましたので、ここでドコモを解約するのはほぼ確定ですが、問題はその後継機をどうするかです。 そこで、前にiPhone 6 Plusの実機チェック。電子書籍の読みやすさは?などで書いて目をつけていましたauのXperia Z Ultra SOL24などの現在の販売状況を確認するため、またヤマダ電機を覗きに行ってきました。

確定申告準備:低所得者は医療費10万円以下でも医療費控除を受けられる可能性あり

確定申告で控除を受けられるものの1つに医療費控除がありますが、控除を受けられるのは医療費の年額が10万円を超えた場合と覚えていました。 私の場合、今まで1年に10万円以上も医療費を支払ったことは一度もありませんので、今のところ自分には縁がないものと思い込んでいました。 しかしネットで確定申告関連の記事を読んでいると、低所得者については医療費の年額が10万円以下であっても控除を受けられる場合がある

スポンサーリンク