急転直下、MacBookバッテリー交換へ

以前からちょくちょく書いていますMacBookのバッテリー不調問題ですが、ここへきて予想外の展開が待っていました。

ビックカメラ岡山店に修理の問い合わせ

以前にMacBookを修理依頼したら驚きの値段が返ってきたで書きましたように、Appleに配送修理を申し込んでみたところ72,000円という法外な料金を提示されました。

この値段ではとても修理する気になれませんので、持ち込み修理ができるビックカメラの岡山店に帰省した折に持ち込んでみよう、というのが前回までの流れでした。

そしていよいよ帰省するゴールデンウィークが近づいてきましたので、ビックカメラ岡山店に修理方法などについて一度確認してみることにしました。

ところが実際に電話して聞いてみると、ビックカメラに持ち込んでも修理は一旦預かりとなり、さらに料金もバッテリー交換だけで5万円ほどかかるとのこと。

Appleに依頼するとバッテリー交換だけなら2万円台で済むことを考えると、こちらも結構法外な料金です。やはりこのMacBookはもうダメなのかと進退極まりました。

急遽Appleでバッテリー交換へ

ところがこの電話をしている最中にあることに気がつきました。問題のMacBookのバッテリーアイコンが、前は×印だったのに現在は充電中の表示に変わっているのです(残量は0%ですが)。

MacBook バッテリー状態

以前にAppleに電話した時には電源回路のどこかが破損したような状態に見えていましたが、今は単純にバッテリーが死んでいるだけのように見えます(状態も「今すぐ交換」となっていますし)。

また前の電話でAppleから確認されたシステムレポート→電源の「バッテリー装着」のステータスについても、前は項目自体が出てきませんでしたが、今は「バッテリー装着:はい」としっかり表示されています。

MacBook システムレポート→電源.jpg

これなら普通にバッテリー交換で修理できるんじゃないかと急に光明が差して来ました。

そこで早速再びAppleに電話してみたところ、今度はあっさりとバッテリー交換という話にまとまり、来週引き取りに来てもらうことになりました。

料金は19,800円+税とのこと。買い替えまで覚悟していたことを考えると大幅なコストダウンです。今後買い換えるにしても、修理ができればかなりの下取り価格が期待できますしね。

このMacBookは退職後初めて買ったマシンであり、金額も20万円近くも投入していましたのでなかなか諦めがつきませんでした。

実際に修理が終わってみるまでまだ完全に安心はできませんが、諦めずに粘った甲斐があったということになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。