6月 LINE Payトクの使い道に知恵を絞ってみたが、諦めた

またLINEでPayトクキャンペーンが始まりましたね。今回はキャンペーン期間が6月1日~6月9日までの9日間と、やや小粒ですが。

今回も何かうまい活用方法が無いかと少し知恵を絞ってみました。

6月 LINE Payトクの特徴

今回のキャンペーンの詳細は以下で確認できます。

期間中にLINE Payにてお支払いをすると、お支払い金額の15%(最大5,000円相当)を還元!

還元率は基本15%、コード払いで+3%、マイカラーに応じて+0.5~2%ということで、前回と同様ですね。

還元上限額は5,000円で、期間中に一回でもLINE Payアプリで支払いをすれば上限が10,000円にアップするというのも前回通りです。

ただし今回は、還元されるのが先日導入されましたLINE Payボーナスに変わっています。このため、還元分はLINE PayカードやQUICPayでの支払いには使えませんので注意が必要です。

また最大の改悪ポイントとして、今回はLINE Payカードによる支払いがキャンペーン対象から外されました。従って、還元対象となる支払い方法は、以下の4種類のみです。

  • コード支払い
  • オンライン支払い
  • 請求書支払い
  • QUICPay+ (Android限定)

この変更により、前回盛り上がりの元となりましたAmazonギフト券や各種電子マネーへのチャージによるキャンペーン枠消化の手段が完全に塞がれてしまいました。

使い道を考えてみる

そうなりますと、基本的には地道に買い物をする以外にキャンペーン参加する手段がありません。

考えを整理するために、自分が使いそうなLINE PayやQUICPay利用可能店をピックアップしてみました。

まずLINE Payはこんな感じ。

  • コード払い
    • ローソン・ファミマ
    • 家電量販店
    • 松屋
    • スターバックス
    • ゲオ
    • 古本市場
  • オンライン決済
    • ラクマ
    • honto
    • Joshin webショップ
    • サンプル百貨店
    • LINEギフト
    • LINEデリマ

続いてQUICPayについては以下の通り。

  • コンビニ各社
  • イオン
  • マルナカ
  • ガスト
  • すき家
  • 吉野家
  • マクドナルド
  • 家電量販店
  • ユニクロ
  • アップルストア

これを見て思いついた唯一大きく金額を稼げそうな手段は、家電やスマホ、ゲーム機などを買うことくらいです。

その場合に使えそうなお店は家電量販店、ゲオ、古本市場、アップルストアあたりでしょうか。あと盲点だったのがラクマです。うまく欲しいものの出品が見つかれば、ワンチャンあるかもしれません。

ただ、すぐに買いたいと思うような数万円オーダーの品が今は無いのですよね、残念ながら。

地道に使っていく

というわけで、今回は普段の買い物で地道に使っていこうと思います。今のところ思いつく用途は以下くらいです。

  • 普段の食事をコンビニやマルナカで買う
  • キャンペーン終盤に日持ちのする食品や日用品などをコンビニやマルナカでまとめ買いする
  • 実家の買物を極力マルナカやコンビニで済ませて立て替える
  • ユニクロで欲しい服があれば買っておく

正直言ってこれだけではトータル1万円行くかどうかも怪しいレベルで、還元の上限には到底届きません。

しかしまあそれが今の自分の現実的な消費力です。ここでキャンペーン利用しようと無理して無駄な消費に走るのは愚の骨頂ですので、冷静に対応していきます。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)