1月のキャッシュレス決済方針

年が明けてはや1週間が過ぎました。そろそろ生活も通常ペースに戻りつつありますが、今年のキャッシュレス決済はやはり去年ほどの盛り上がりは無いようですね。

それでも地味ながらいくつかのキャッシュバックキャンペーンなどはありますので、それらを踏まえて1月のキャッシュレス決済利用方針をまとめてみます。

利用する優先順位が高い順に書いてみます。

じぶん銀行スマホデビットで最大10%還元

去年じぶん銀行スマホデビットで最大10%還元キャンペーン開始で書きました件です。

期間中、他金融機関からお振込みいただき、じぶん銀行スマホデビットをご利用いただくと、振込回数に応じてスマホデビットのショッピング利用額を最大10%キャッシュバック!

12月16日から始まりましたが、年明けも1月31日までは使えます。

他の金融機関からじぶん銀行に10回振込みするという条件さえ満たせば、現状では最高クラスの10%還元が得られますので最優先で利用します。

アプリ上のバーチャルとはいえJCBのデビットカード形態ですので、オンライン決済などで使いやすいのも良い点です。

キャンペーン対象となる利用金額は合計10,000円までで、私は現状もう7,000円ほど使いましたので、月末までは持たないかもしれませんが。

メルペイスマート払いで5%還元

次は還元率が5%と半分に落ちますが、メルペイです。

〜事前チャージ不要で、利用管理も簡単、補償制度も充実している点が好評、年末年始の決済利用シーン増加に合わせ、さらなる浸透を目指す〜 株式会社メルペイは、同社が運営するフリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」において、2019年12月18日(水)より、利用する際のチャージの手間がなく、使った分だけ翌月にま...

こちらも去年の12月18日から始まっていましたが、今月末の1月31日まで使えます。

とにかく期間中にメルペイのスマート払いを使いさえすれば還元が得られるというシンプルさが良いですね。またメルペイはコード決済以外にiD決済も使えますので、使えるお店が多いのもメリットです。

私は上記のじぶん銀行スマホデビットの還元枠を使い切ったら、こちらにスイッチする予定です。

ファミペイ Tポイント連携で初回50P+ポイント10倍

次は昨日くらいにいきなり情報が流れてきましたが、ファミペイのこちらです。

Tポイント連携したファミペイを提示すると、期間中1回Tポイント50ポイント!Tポイント連携したファミペイを提示して、FamiPay払いでTポイント10倍!

1月27日までの期間中に1回限りですが、Tポイント連携したファミペイのバーコードを提示し、200円(税込)以上の商品を購入すれば50Pもらえます(FamiPay払いしろとは書いていませんので、他の支払い方法でもいけるのか?)。

また期間中何度でも、Tポイント連携したファミペイのバーコードを提示してFamiPay払いすればTポイントが10倍もらえます。通常は200円につきTポイント1Pですので、還元率は最大5%ということですね。

使えるのがファミマ限定でしかも購入価格200円毎のポイント付与ということでやや使いにくいですが、とうとうTポイントで1.5倍分の買物ができるようになったで書きました件でTポイントの価値が上がりましたので、ファミマに行くときには利用したいと思います。

またこれとは別に、ファミペイに現金で5,000円以上チャージすればポケチキ無料クーポンがもらえるキャンペーンも始まっています。

1度に5,000円以上の現金チャージで、ポケチキ無料クーポンもらえる!

始めて現金チャージする人はさらにもう1枚もらえるということですので、上記のファミペイ Tポイント連携キャンペーン用として5,000円チャージしておくのも良いかもしれません。

というわけで、1月はだいたいこの三段構えで乗り切るつもりです。それでも足りなくなった場合には、QUICPay 20%還元キャンペーン終了後の決済手段は?などで書きましたようにLINEスマート投資で貯めたポイントをLINE Payで消化していく予定です。

去年までの20%還元のような大盤振る舞いが無いのが残念ですが、今年はこういう細かいキャンペーンを地道に拾っていくのが節約の鍵になりそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)