電子マネー一覧

東京近郊の電車移動はSuicaがお得

この度の東京旅行ではSuicaを持参し、旅行中は予想通り活躍してくれました。 当初は切符を買わなくてすむ利便性しか考えていませんでしたが、後から調べてみると金銭的にもお得だったようです。 Suica利用での運賃支払いには特にポイントなどは付きませんが、それでも現金とSuicaでは金銭的な差が出ます。

東京旅行は最少装備で臨む

飛行機での旅行というと、車輪のついたキャリーバッグやスーツケース(いわゆるコロコロ)が定番です。 確かにあれは空港など比較的平坦な場所を移動するときには楽ですが、この旅行は都内を色々巡る予定ですので、あれをガラガラと引きずって歩くのはゾッとしません。 そこで今回はデイパックとウェストバッグだけで何とか乗り切ろうと考えています。

Suicaの未使用ロック対策

Suicaのことを調べていて1つ気になりましたのが、Suicaの未使用ロック問題です。 どうもSuicaは未使用のまま長期間放置すると、残高が残っていても使用できないようにロックされてしまうようなのです。 規約上は具体的な期間は定められていませんが、ネット上で実際にロックされた人の情報を見ると、6ヶ月未使用だと使えなくなる、という説が有力です。

最低コストで手軽にSuicaを使う方法

来週から予定の東京旅行では目的地は全て東京都内ですので、移動手段として電車を使いまくるはずです。 そうなりますといちいち切符を買うのは面倒ですので、料金をチャージしておけば電車にタッチ&ゴーで乗れるSuicaを作る方法について調べてみました。 一口にSuicaと言っても、実は色々と種類があります。

嫌な予感的中。リクルートカードプラス改悪へ

先日リクルートカードプラスに暗雲が?でリクルートカードプラスの雲行きがどうも怪しいという話を書きました。 それからわずか2週間、とうとうリクルートカードプラスの改悪が現実のものとなってしまいました。嫌な予感的中です。 今回リクルートから発表されました改悪・変更内容は大きく分けて2点です。

新しい電子マネー おさいふPonta登場、しかしこれはまた微妙な...

Pontaポイントと連携する新しい電子マネー おさいふPontaが本日11月3日から正式に公開されましたね。 ローソンのホームぺージにも、デカデカと専用ページのバナーが打たれていました。 電子マネーといっても、おさいふPontaの実態はプリペイド型のクレジットカードのようです。以前にau WALLET初使用で500円ゲットで書きましたau WALLETと似たような感じですね。

ローソンと楽天の包括提携で新局面を迎えるコンビニポイント

昨日流れました以下のニュースを見て驚きました。 特報:ローソンと楽天、包括提携へ:日経ビジネスオンライン 提携範囲は 「楽天スーパーポイント」の付与・利用 「楽天市場」購入商品の受け取り 共同の食品宅配事業を開始 「楽天モバイル」の端末受け取り、一部店舗での端末展示 など多岐にわたる模様です。

漢方スタイルクラブカード改悪の裏にフリーライダーの影

今回の改悪について他にも色々検索してみましたが、ここまでの改悪に至る背景にはnanacoチャージの仕組みを使ってポイントをタダ取りする悪質なユーザーの存在があるようです。 手口は nanacoにクレジットカードでチャージする ↓ クレジットカードの引落し口座登録をどうにかして回避して振込用紙を送付させる ↓ 振込用紙を使い、チャージしたnanacoでカード代金を支払う

漢方スタイルクラブカード改悪、これでnanacoチャージはリクルートカードの天下か?

このブログでは以前から電子マネーで公共料金支払いをお得になどでお伝えしていますように、nanacoとクレジットカードの組み合わせによる税金や公共料金支払いの節約方法をお勧めしてきました。 その時にキーになるのはnanacoチャージで高還元率のポイントが付与されるクレジットカードの存在です。その中でもトップクラスの還元率を誇っていた漢方スタイルクラブカードが6月から改悪されるようです。

ANA JCBカード解約

去年、これは痛い、ANA JCBカードの改悪でカードの乗り換えを予告して以来、リクルートカードプラス到着などで書きましたリクルートカードプラスを入手してメインカードの切り替えを進めてきました。 光熱費や通信費など諸々の引落しの切り替え手続きも終わり、2〜3ヶ月にわたって何の引落しも無いことが確認できましたので、いよいよANA JCBカードを解約することにしました。 解約手続きのため、カードの裏に書いてあるサポート窓口に電話しました。

スポンサーリンク