タブレット一覧

Kindleオーナーライブラリで『「原因」と「結果」の法則』を駆け込み入手

ふと今月もKindleオーナーライブラリの権利をまだ行使していないことを思い出しました。 そこでまた駆け込みでKindleオーナーライブラリから入手してみたのが『「原因」と「結果」の法則』です。 私はまだ読んだことがありませんでしたが、全ての自己啓発書の原典とも呼ばれる有名な本ですね。

Fire HD 8がFire OS 5.3.2へのアップデートでパフォーマンス改善。更に神機に近づいた

英語版のリリースノートではAmazonの音声アシスタント「Alexa」のリリースが告知されています。 日本ではまだAlexaが使えませんのでその部分を外した結果、こんなあっさりした内容になってしまったようですね。 結果として日本語版では目に見える変化がほとんど無く、何が変わったのかと噂されていますFire OS 5.3.2ですが、実は重要な変化がありました。

Fire HD 8用にタブレット用レザーストラップ購入

手の負担を少しでも軽くするために、タブレット用のストラップを購入してみることにしました。Amazonで物色して最終的に購入したのがこちらです。 ところが実際に届いて装着してみると、Fire HD 8で使うには少し問題があることがわかりました。 コーナーに引っ掛けているバンドの部分が右上の電源ボタンと左下のスピーカー口を塞いでしまうのです。

Fire HD 8で身近にあったスタイラスペンを試してみる

先日アンケート回答はPCよりもFire HD 8の方が快適だったでも書きましたように、だんだんFire HD 8を使うシーンが増えて来ましたのでスタイラスペンが欲しくなって来ました。 アンケートサイトなどでAmazonギフト券もそれなりに貯まっていますので買うのは簡単なのですが、その前に身近で手に入るものを少し試してみることにしました。

Fire HD 8がアプリ使用で重くなってきた時の対処方法

最近Fire HD 8の使用範囲が少しずつ広がってきています。 それにつれて、Fire HD 8の非力さが目につく場面がだんだん増えてきました。 アプリ起動本数が少ない時にはこの問題はほぼ起きませんので、おそらくCPUの処理能力の問題というよりも、1.5GBというメモリ搭載量の少なさが根本原因と思われます。

アンケート回答はPCよりもFire HD 8の方が快適だった

アンケートサイトから送られてくるアンケートに日々回答するわけですが、今まではMacBookを使ってPCのWeb画面から回答していました。 しかし先日から書いていますようにAmazonのタブレット Fire HD 8を手に入れましたので、試しにこれで回答してみることにしました。 試してみると、思いの外これが快適です。

Fire HD 8のWiFiが5GHz帯につながらない時の対処方法

新型Fire HD 8ですが、使っていて1つ腑に落ちない点がありました。 それは購入直後にはつながっていたはずの自宅無線ルーターの5GHz帯のアクセスポイントに、最近全くつながらなくなってしまったことです。 同じ5GHz帯対応を唄った機器の中でも、5GHz帯の古い規格(W52)のみに対応した機器というのがあるみたいですね。

Fire HD 8でブログを書いてみた

スタンド使用の主目的は動画観賞用でしたが、実はもう一つ狙っていることがありました。 それはFire HD 8を使ってブログを書くことです。 ある程度画面の広さのあるFire HD 8をスタンドで机上に起き、さらにBluetoothキーボードと組み合わせれば、パソコンに近い感覚でブログが書けるのではないかと考えたのでした。

ダイソーでFire HD 8用のタブレットスタンド購入

Fire HD 8ですが、今回はケースを買っていませんので当然単体では自立することができません。 しかし動画を見るときなどにはやはり見やすい角度で固定したいので、タブレット用のスタンドを探してみることにしました。 ただ、なまじ本体を1万円以下で購入しているだけに、そのオプション品に数千円も支払うのはためらわれます。 そこで、ダイソーに良いものがないか見にいってみることにしました。

スポンサーリンク