資産リストを親に見せてみるか

ちょっと方法性は違うのですが、とりあえず今自分が持っている資産の大まかなリストを作り、それを親に見せることを検討しています。 それによって、最悪仕事が見つからなくても、何とか年金をもらえる年まで暮らしていけそうであることを説明できれば、少しは安心してくれるかもと考えています。 ただ、親の世代がそういうアーリーリタイア的な話を受け入れられるのかどうかは、話してみないとわかりませんが。

確定拠出年金の取引明細と損益状況

SBI証券から「確定拠出年金 書類在中」「重要なお知らせ」と表書きされた封書が届きました。何事かと思って開けてみたところ、取引明細の報告書でした。 いつも確定拠出年金の状況は専用のホームページで確認していましたので、このような郵送での報告があるとは思っていませんでした。 郵便の中には以下のようなA4用紙 3枚に渡る明細書が入っていました。

努力は正しい方向にする必要がある

あの与沢翼氏が税金を1億円以上を滞納して会社が破綻状態に陥っているみたいですね。 今回の件も資産をどこかに隠した上での偽装破産のような気がしないでもありませんが、彼についてはよく知りませんのでこの件自体についてはこれ以上書きません。 ただ、気の毒なのは高いお金を払って彼の教材を買ったり塾に入会した人たちです。

ゴールデンウィークでKindleの無料マンガがスゴイことになっている

タイトルの件ですが、自分はほぼ毎日AmazonのKindleストアで無料の書籍やマンガをチェックしています。 ほぼ数日おきに何らかの無料作品が公開されますが、ゴールデンウィークを控えたこの1週間ほどは、今までに無いペースで作品が公開されています。 特にマンガの無料公開数が半端ではありません。公開終了が近い順にざっと挙げてみると、以下のような感じになっています

忍者AdMaxでポイント交換を申し込み

以前に忍者AdMax導入、そのメリットと報酬で書きました忍者AdMaxですが、いつのまにやら忍者ポイントが4,000ポイント(=2,000円相当)ほど貯まっていましたので、初めて交換を申し込んでみました。 やはりブログにコードを貼っておくだけで稼いでくれるコンテンツマッチ型の広告は手間がかからなくていいですね。

当たり前にお金を使うものを疑う

いつも拝見しているノマド的節約術さんにこんな記事がありました。 お金持ちになりたい人が身に付けたい節約体質になるための考え方 - ノマド的節約術 この記事の主題は当たり前にお金を使うものを疑う、ということだと思いますが、これは先日書きました記事ちょっとした意識の切替えでまだまだ節約できる部分はあるにも通じることで、非常に共感出来ました。

セブンイレブンの100円グッズが面白い

さて、このようにちょくちょく利用しているセブンイレブンですが、行くと楽しみにチェックしているのが100円グッズです。 といってもコンビニですから100均のような膨大な品揃えがあるわけではありません。雑貨はせいぜい10点程度なのですが、なかなかユニークなものが揃っています。 今までに既に以下の3点を購入しました。

Google AdSenseの警告メッセージとアドセンス狩り対策

最近、Google AdSenseの画面の上部に以下のような黄色いメッセージが表示されるようになりました。 どうも、想定されていないサイトにAdSenseの広告が表示されたということのようです。 指示通り「アカウント設定」のリンクから確認してみると、今回のメッセージの原因となったサイトはwebcache.googleusercontent.com でした。

国民年金2年前納時は付加年金も割引になる

2年前納の保険料は以前に国民年金の支払い方法比較 平成26年版でも書きましたように、今年納付であれば355,280円のはずです。 しかし今回の通知書の金額はそれより若干高く、364,500円となっています。その差額は月あたりにすると、(364,500円 - 355,280円) / 24ヶ月 = 約384円。 これは何かというと、2年前納申し込み以前から支払っていた付加年金の保険料ですね。

新社会人へのお金に関する2つの提言

今日はKindleストアで無料公開中の以下の電子書籍を読んでいました。 ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.005 毎号、複数のファイナンシャル・プランナーがお金に関する色々な話題について解説してくれる情報誌です。 半分はファイナンシャル・プランナーの宣伝という面もありますので過剰な期待は禁物ですが

スポンサーリンク