もっと格安で証明写真を撮る

先日、証明写真を格安で撮るで雇用保険申請用の写真を安く撮る方法をご紹介しましたが、AmazonのKindleストアを見ていたところ、以下の書籍を見つけました。先日の記事では3枚で200円でしたが、なんとこちらは8枚で200円です。

前納で国民年金を安くする

国民年金には、保険料の支払い方法に以下のようなバリエーションがあります。支払い方法:現金、口座振替、クレジットカード 支払い期間:毎月、6ヶ月前納、1年前納 前納すれば安くなるのは確かですが、これらの組み合わによって割引率が異なり、分かりにくいので、1年間に納付する具体的な金額を計算してみました。

退職後の年金

退職した場合、配偶者の被扶養者になるのでなければ、国民年金に加入することになります。加入の申請期間は退職した日から14日以内です。ただし、保険料を納めるのが困難な場合には、全額、3/4、半額、1/4などの免除制度があります。

健康保険加入の時間的制約

退職後の健康保険の選択肢として以下の3つがあることを書きました。 1.国民健康保険(軽減措置あり) 2.任意継続被保険者制度 3.国民健康保険(通常) しかしこれらには、各々加入申込の期間に制限があります。

退職後の健康保険

退職後、まず経済的負担で悩まされるのが健康保険です。親族や配偶者の被扶養者になるのでなく、定年退職でもなければ、退職後に選べる健康保険の選択肢は次の2つです。

証明写真を格安で撮る

雇用保険を申請するには3.0cm x 2.5cmの写真が2枚必要です。これには通常、スーパーなどにあるインスタントの証明写真機を使っても4〜500円程度かかります。しかし、この証明写真を200円で手に入れる方法があります。

雇用保険の申請

退職時に次の勤め先が決まっている場合は問題ありませんが、そうでなければ退職後にまず生活の糧となるのが雇用保険(俗にいう失業保険)です。

スポンサーリンク