楽天モバイルの乗り換え先検討

とうとう楽天モバイルからRakuten UN-LIMITの無料利用が不可になる改悪が発表されましたね。

無料はいつまでもは続かないだろうなとは思っていましたが、想像以上にギブアップが早かったです。

7月からRakuten UN-LIMIT VII開始

7月から始まる新プラン Rakuten UN-LIMIT VIIの詳細は以下のページで確認できます。

2022年7月1日(金)より、楽天モバイルは新料金プラン「Rakuten UN-LIMITVII」の提供を開始いたします。現在ご利用中のお客さまのプランは、7月1日(金)に自動的に「Rakuten UN-LIMIT VII」へ移行します。

基本はデータ利用量1GB/月以下無料だったのが、1GB超え3GB以下までと統合されて3GBまで980円(税込1,078円)になるということですね。

Rakuten UN-LIMIT VII 利用料金

替わりに10分かけ放題が15分かけ放題になるとか、楽天メールが使えるようになるとか、SPUがポイントアップされるなどの改善も盛り込まれていますが、どう考えても完全有料化のデメリットとは釣り合わないですね。

既存ユーザーについても7月から強制的に新プランに移行されます。しかし一応最初の2か月は無料のまま、さらに続く2か月も期間限定の楽天ポイントで全額還元といことで、移行後最大4カ月間はまだ実質無料で利用を続けられるようです。

したがって7月に入っても慌てて乗り換える必要は無いですね。この改悪を期に楽天モバイルから離脱する人を狙って他社が魅力的なキャンペーンなどを打ち出してくる可能性もありますし。

乗り換え候補はpovo2.0かmineo

とはいえ有料化したRakuten UN-LIMITにいつまでも居るつもりはありませんので、一応乗り換え先は検討しておきたいと思います。

私の場合Rakuten UN-LIMITの主な利用目的は通話用回線でしたので、通話付きプランが極力安価で維持・利用できることが必須条件になります。

この条件で候補を探すと、今のところpovo2.0とmineoが挙がってきました。

povo2.0は通話付きプランにも関わらず月額料金が0円で済むのが最大のメリットですね。ただ通話料は22円/30秒と高く、かけ放題を付けると5分で550円/月、無制限で1,650円/月とそれなりのお値段がします。

一方mineoの方は、通話付きプランが最低の1GBコースでも月額1,298円かかります。しかし専用アプリのmineoでんわを使うと通話料が10円/30秒で済みますし、かけ放題も10分で550円/月、無制限で1,210円とpovo2.0より割安になっています。

またmineoの場合、私は現状でもデータ通信専用プランを2回線契約していますので、これのうちの1回線を通話付きプランに置き換えれば月額料金の上昇は253円程度に抑えられます。

povo2.0の月額料金0円も捨てがたいですが、私の場合は既存mineo回線の置き換えで月額料金の上昇が抑えられること、通話料金がpovo2.0より安く済ませられること、さらにデータ通信もトッピング無しのpovo2.0よりは快適に使えそうなことなどを考え合わせると、今のところの乗り換えの第一候補はmineoとなりそうす。

ただまあ上記のようにまだ4カ月以上の猶予がありますので、しばらくは様子見を続けるつもりですが。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめトピック(一部広告あり)

おすすめトピック(一部広告あり)