Fire HD 8一覧

Fire HD 8で雑誌の文字が読みにくいときには、、、

うちのメインの電子書籍リーダーとなっていますFire HD 8ですと、雑誌の中の文章は文字が小さくてかなり読みにくいのです。 この点を解決するためだけに、新しくなった大画面のFire HD 10を買うことさえ一瞬考えました。 しかしKindleアプリは固定レイアウトの書籍についてはズーム表示ができることを思い出しました。

プライム会員なら読み放題、Amazonで「Prime Reading」始まる

Amazonがまた恐ろしいサービスを始めましたね。その名も「Prime Reading」。 プライム会員にさえなっていれば、追加料金無しで本もマンガも雑誌も読み放題だそうですよ。 その分和書・洋書各12万冊以上と言われる「Kindle Unlimited」の品揃えに比べると、読める本の数は現状で約900冊と大幅に絞り込まれていますが

これはお勧め。Fire HD 8前モデルがセール中

先日新型のFireタブレットであるFire 7、Fire HD 8の登場をお知らせしました。 これを受けた在庫処分なのか、今Amazonでは前モデルのFire HD 8が大幅値引きで販売されています。 なんと32GBモデルが8,980円ですよ。しかもこちらはプライム会員以外も買える通常価格です。

Fire HD 8 + Splashtop 2でWindowsタブレットを疑似体験

実はこのSplashtop 2にはもう1つ、Win 8 タッチモードという動作モードが搭載されていました。これを選ぶと、タブレットのタッチパネルがそのままWindowsマシンのタッチパネルになったかのように使うことができます。 つまりFire HD 8がそのままWindowsタブレットになったかのように動作するということです。

Fire HD 8のKindleストアにもKindleオーナー ライブラリーの作品を参照する機能はあった

Kindle Paperwhiteのストア画面には最後のほうに「プライム会員月1冊無料」という項目があり、そこでKindleオーナーライブラリーの書籍一覧を見ることができました。 しかしFire HD 8のストア画面には同様の項目がありません。 ところが最近、ストア画面のメニューの中に「プライム会員月1冊無料」の項目があることに気がつきました。

スマホとタブレットに同じ環境を構築し、いつでもどこでもネットチェック

以前から書いていますようにFire HD 8を入手して以来、日常のネット閲覧のほとんどはこれで行うようになりました。 そこでふと思ったのですが、スマホでも同じアプリを利用すればほぼ同様のことができるのではないかと考え、実際にやってみました。 ただ、適当なアプリを入れるだけではうまくいかないところもありました

やはりEvernoteはプレミアムで使うことにした

Evernoteはプレミアムパックを一応購入したものの、極力それは使わずに無料のEvernoteベーシックで粘ってみる運用を試行していました。 しばらくはそれでもほぼ問題なく運用できていたのですが、最近また状況が変わってきました。 変化の主要因は、日常で使う端末としてMacBook以外にFire HD 8が加わったことです。

帰省用のコンテンツをFire HD 8に詰め込む

いよいよ今年最後の週となりました。私は今週半ばに帰省しようと思っていますので、ちょこちょこと準備を進めています。 その中の1つとして、帰省した時の暇つぶし用コンテンツの準備があります。今までは動画はiPhone、電子書籍はKindle Paperwhiteなどと分散していましたが、今年はFire HD 8を手に入れましたので、コンテンツ関係についてはこれ1つで用が足りそうです。

スポンサーリンク