健康一覧

食欲不振対策に栄養補助食品を試す

先日書きました記事のコメントで、がん闘病の経験者の方らか色々と栄養補助食品について教えていただきました。 相変わらず父の食欲は戻っていませんので、とりあえずその中から実家の近くのドラッグストアで手に入るものをいくつか仕入れてみました。

抗がん剤治療による食欲不振対策

父親の抗がん剤治療の件ですが、副作用によるものと思われる食欲不振がかなり深刻で、現在薬の服用を休止中です。 今回薬を約2週間服用後に一旦休止状態に入りましたので、これで少しは食欲が回復するかと期待しましたが、今のところ食欲は戻っていません(一度に食べられる量はせいぜいご飯半膳程度とおかず数口くらい)。

父親の大学病院受診2回目

父親が抗がん剤を服用し始めてから約2週間が経ちました。 このタイミングで抗がん剤の副作用の出方をチェックするということで、再び両親を連れて大学病院に行ってきました。 副作用の中でもっとも心配された白血球の減少などによる免疫力の低下は今のとこと確認されないということで、その点は一安心しました。

時間の使い方の断捨離

父親の病気の件で、今までのようにのほほんとその日暮らしをしているわけにはいかなくなってきました。 こうなりますと、自分の持つ時間を何に割り振るかが重要になってきます。 時間にしろ何にしろ、対象を取捨選択して整理するには、比重の大きいもの見極めてそこに重点的に手を付けていく必要があります。

闘病生活の前に立ちはだかるお寺の壁

今日は実家から徳島への移動日でしたが、その前に父親がどうしてもお寺に早朝参拝したいというので朝5時起きで準備をしてお寺まで行ってきました。 まあこれは1回限りのことですのでまだ良いのですが、今回の帰省でお寺に関する活動が両親の生活に想像以上に負担をかけている実態がわかってきました。

父親の闘病生活開始

今私の生活にかなり大きな変化をもたらしそうな事態が発生しています。 それは父親がガンを発症したということです。今年の健康診断で胃に腫瘍が見つかり、CT検査をした結果、どうも肝臓にも転移が見られるようです。 いよいよ本格的に治療をしなければまずいということで、両親をつれて大学病院に行ってきました。

パニック障害とか強迫性障害とか色々なことを考えながら帰省

私は以前に書きましたように、高速道路での運転中などに妙な圧迫感に襲われるという症状がありました。 最近父親の体調があまりすぐれないようで、今後はひょっとしたら急いで実家に戻らなければならないような場面も出てくるかもしれません。そこで今回はあえて実家までの道のりのほとんどを、高速道路を利用して走ってみることにしました。

この猛暑でエアコンの電気代はどうなった?

今回の足つりは1回の症状はつりそうになってすぐ治まるくらいの軽いものですが、ちょっとした拍子に何度も襲ってきます。 この症状の原因として一番考えられそうなのは、やはり最近の暑さです。熱中症の症状の中にも足つりがあるようですので、ひょっとしたらその初期症状なのかもしれません。 この件を機に現在のエアコンの使用状況をチェックしてみました。

朝食のトーストにジャムを採用

私は毎朝朝食でトーストを食べていますが、今までトーストにはマーガリンや各種クリームなどを塗って食べていました。 しかしネットを見ていると、ただ甘いだけと思われていましたジャムに案外体に良い成分が含まれているという話を目にしました。

飲み薬による爪水虫治療断念。塗り薬に切り替え

医者と相談してみたところ、これ以上服薬を続けても完治する可能性はかなり低いと言われました。 残る選択肢としては、最近出てきた爪水虫にも効く塗り薬を試す手はあるとのことですが。 1年も飲み薬による治療を続けてきておいて今さらそれかよという気はしました

スポンサーリンク